診療内容

補聴器

難聴の性質や程度に合わせて、いろいろな型の補聴器があります。音の増幅度の大きいポケット形、中等度難聴によい小型の耳かけ形、音を直接頭の骨に伝える骨導式などがあります。

音には高さ(周波数)と強さ(音圧)があり、単純に音を大きくして聞くだけでは、話し声などの言葉の意味をよりよく理解できるものではありません。
悪くなっている聴力の周波数とその程度を検査して、それを補うような補聴器を選ぶことが大切です。