お知らせ

 緊急事態解除後の診療も感染症予防対策下の対応・継続とします。注意して同様に診療を行ないます。(上級機関の指導・指示変更あるまで)

「受診前に注意していただきたい点」

1) 「発熱、咳、重度の倦怠感」があればまず保健センターへのご相談をお勧めします。定常的な診療は普段と同様に可能ですので一般診療所や病院での診療が十分に出来るようにご協力をお願いいたします。

2)名古屋市では「PCR検査センター」が開設されておりますので「感冒症状後の持続する微熱、倦怠感、咳など」新型ウイルス感染症の疑い症状のある患者さまは「かかりつけ医」(内科・呼吸器など)の先生とご相談の上、センターへのご紹介・予約などをお勧めします。
 診療ルールを守ってのご協力をお願いいたします。感染予防対策の遵守などを行い、新型ウイルス感染に対処していただきたいと思います。  

重要「緊急事態解除後の投薬・院外処方について」

1)解除後の投薬について・・当医院に通院・加療中の患者さまへの投薬(慢性的な疾患・過去2か月の加療歴のあるアレルギー性鼻炎、めまい症・難聴などの経過観察・治療など安定した状態)は電話等にてご相談ください。カルテの記載で薬剤師に投薬・指示いたします。

2)再来初診・他の医療機関に受診中の患者さまへ
 緊急でご処方を希望の方は必ず「お薬手帳」(病院・医師名、服用方法が記入されている手帳)をご持参ください。電話も含めて出来るだけご処方します。上記で院外処方もいたします。

(新型ウイルス感染への緊急事態宣言期間を含めて・・これは遠隔医療・オンライン診療ではありません)