60歳の男性です。よく鼻血が出るので心配です。多少の高血圧と飲酒歴(日本酒を1合くらい)がありますが、何か対処法がありますか?

 鼻血の出る場所として多いのは鼻中隔(左右の鼻の孔を仕切り部分)粘膜からの出血です。粘膜の炎症・びらんとか血管が浮いていることから起こりやすいと言われています。対処方としては圧迫止血(左右の鼻を押えて出血を止める方法)がありますがなかなか止血できない場合は耳鼻科で電気凝固法(電気で血管を焼く)でほぼ止血できます。過度の飲酒や高血圧やアレルギー性鼻炎も誘因となりますので対処は必要です。ほとんどの場合心配する疾患はないと思いますが、60歳という年齢を考えますと副鼻腔炎以外に悪性疾患(腫瘍や血液疾患など)の関与も心配ですので繰り返す鼻出血は耳鼻科での精査と加療は必要です。


 5歳の男児です。3歳頃より寝ている時に口を開いて寝ていることが多い印象でした。昼間でも口呼吸をすることが多くなっています。歯科の先生も口呼吸は注意しましょうと指導されました。

 一般的には鼻呼吸が中心です。鼻呼吸では吸った空気は加湿されますし鼻でほこりや細菌などは吸着除去されます。口呼吸ではそれが出来ないために風邪をひき易いと言われます。お話を伺いますと慢性的に鼻閉があるようです。(アレルギー性)鼻炎や副鼻腔炎、アデノイドや扁桃肥大も考えられます。鼻炎・副鼻腔炎の治療はまず処置、投薬などです。アデノイド・扁桃肥大は5歳前後に最大となると言われていますがいびき症や睡眠時無呼吸などがあれば手術適応もあります。また体の成長や生活リズムの変調があるようでしたら耳鼻科で内視鏡検査やレントゲン撮影などを施行してみます。鼻呼吸を意識してみても苦しいようでしたら一度耳鼻科でのご相談は必要でしょう。


 50歳の男性です。風邪をひいていましたが咳が持続してた時に10数秒くらい呼吸が止まりそうになりました。症状が少し改善した時に耳鼻科で喉頭ファイバー検査を受けましたが先生から「喉頭ケイレン」疑いではと指摘されました。あの時の苦しさが再発するのでは?と心配です。

 「喉頭ケイレン症」とは声を出す喉頭にある声帯が急に強く閉鎖することで起こる状態です。その後に息を吸う時にヒューヒューといった犬の遠吠えのような音がして収まってくるようです。脳などに呼吸中枢がありますが 呼吸を再開させる機能が不十分ですと長時間持続することがあります。最近多いのは逆流性食道炎などで胃酸が逆流することで喉頭や気管に胃酸の流入を防ごうとする反射で起こるとが多いと言われています。風邪症状に付随する反射もあるようです。症状があった時はまず慌てずにゆっくりと呼吸をすること・胸焼けなどがある方は消化器内科の先生とのご相談も必要です。


お電話でのお問い合せはこちら

052-804-8833